HOME | PRODUCT_DIARY | PRODUCT_DIARY

PRODUCT

スティックダイアリー

 
ビジネスとカジュアルの新たな融合
 
LACONIC®仕事計画ダイアリーは、ビジネスとカジュアルの新たな融合を目指し、創業当初からこれまで、数々のレイアウト・フォーマットに挑戦してきました。時代の変化とともに新たなニーズが生まれ、2022年現在、全18型のレイアウト・フォーマットをご用意しています。
 
一般的に、ダイアリーは大きく分けて「年初版」と「年度版」が存在しますが、「年初版」は、その年の1年間のスケジュール管理に適しているのに対して、「年度版」は、学校や会社などの年度単位(4月〜翌年3月)でスケジュール管理をするのに適したものを指します。
 
LACONIC®仕事計画ダイアリーは、9月(一部10月)、12月、3月の年3回リリースの形態ですが、
■新たに迎える1年に対して、前年の4ヶ月前から予定を立てられるものを「9月始まりダイアリー」
■前年12月から新年を迎え、さらに翌々の春、3月まで記入できるものを「12月始まりダイアリー」
と呼び、どちらも1年間+前後4ヶ月、計16ヶ月間の記入が可能で、この2つのリリースを合わせて「年初版」とカテゴリーしています。間に挟まれた1年間がそのダイアリーの基準となります。
 
それに対し、「年度版」の「3月始まりダイアリー」は、
■前月の3月からスタートし、年度1年間を越して翌々月の6月まで延長して記入できる計16ヶ月間となっており、間に挟まれた1年度が基準となります。
全18型のフォーマットは、レイアウトの特性を考慮し、年3回リリースされる「年初版/9,12月始まり」と「年度版/3月始まり」の
それぞれに振り分けてリリースする形態をとっています。
 
以下、週間/月間ダイアリー各型の主な特徴を記載していますので、ご購入・ご検討の際の目安としてご一読ください。
 

 

WEEKLY


A5VL
A5 VERTICAL LEFT WORK DIARY
A5バーチカル・レフト
 
●時間管理+充実したメモ欄の画期的な週間ダイアリー
「時間管理がしっかりとできながらも、多くのメモスペースがあるレイアウト」。今では定番となったこのフォーマットですが、リリース当時はありそうでなかった画期的なレイアウトでした。
このコロンブスの卵的な逆転の発想は、最新のレイアウト・フォーマット設計の際にも脈々と受け継がれている、仕事計画ダイアリーの本質を体現した、代表的なレイアウト・フォーマットです。
 
レイアウト見本>>


B6VL
B6 VERTICAL LEFT WORK DIARY
B6バーチカル・レフト
 
●時間管理+充実したメモ欄の画期的な週間ダイアリー
デスクサイズのA5VLをひとまわり小さくし、カジュアルなB6サイズに展開。基本的な機能や使い勝手はA5サイズと変わらず、しかも可搬性に優れているのが利点です。
 
レイアウト見本>>


A5W
A5 WORK DIARY
A5ワークダイアリー
 
●時間管理に特化した朝活対応の週間ダイアリー
見開き1週間の時間管理に特化したバーチカルタイプのレイアウトです。バーチカル・レフトは、インデックス形式で月単位のスケジュール管理に主軸を置いているのに対して、ワークダイアリーはインデックスを採用しないかわりに、月を跨いだスケジュール管理ができるのが大きな特徴です。メモ欄を極力減らした分、細かな時間管理に向いたレイアウト・フォーマットです。
 
レイアウト見本>>


B6W
B6 WORK DIARY
B6ワークダイアリー
 
●時間管理に特化した朝活対応の週間ダイアリー
見開き1週間の時間管理に特化したレイアウト。デスクサイズのA5Wをひとまわり小さくし、カジュアルなB6サイズに展開。基本的な機能や使い勝手はA5サイズと変わらず、しかも可搬性に優れているのが利点です。
 
レイアウト見本>>


B6/Y
B6/Y WORK DIARY
B6横ワークダイアリー
 
●時間管理に特化した24時間対応の週間ダイアリー
見開き1週間の時間管理に特化したレイアウト。閉じるとB6サイズですが、一番の特徴は横に開くことで、細長いからこそ可能になるレイアウト構成となっています。フォルムが特殊な分、他に比べて競合する商品が少ないのも特徴で、根強いファンが多いレイアウト・フォーマットです。
 
レイアウト見本>>


B6BI
B6 BLOCK INDEX DIARY
B6ブロック・インデックス
 
●スケジュール管理にも日記もゆったり書ける週間ダイアリー
時間管理を主とする週間ダイアリーとは別に、デスクワーク主体のビジネスユーザーや、見開き7ブロックの日記帳として使用するなど、自由度の高いレイアウトが人気のレイアウト・フォーマットです。月単位の管理がしやすいインデックス形式なのも特徴であり、ビジネス/カジュアルの垣根を超えた幅広いユーザーからの支持をいただいています。
 
レイアウト見本>>


A5BI
A5 BLOCK INDEX DIARY
A5ブロック・インデックス
 
●スケジュール管理にも日記もたっぷり書ける週間ダイアリー
B6ブロック・インデックスのリリースから数年を経て登場した、拡張版のフォーマット。サイズがひとまわり大きくなるメリットを活かし、単に拡大表示するのではなく、新たにメモ欄を足して再設計。シンプルなB6の使い勝手の良さをキープしたまま、より複雑なコンテンツ作成の対応が可能となりました。
 
レイアウト見本>>


A5CSK
A5C STICK DIARY
A5Cスティックダイアリー
 
●ノートPC手前のちょっとしたスペースで威力を発揮する週間ダイアリー
見開き1週間のブロックレイアウト。手のひらサイズなのに1マスの大きさがデスクダイアリー並なので、ノートパソコン手前の省スペースなどでもストレスなく書き込めます。見開き1ヶ月のガント・チャートや、しおり代わりのコーナーミシン、個性的な付録など、充実した機能を持ったスティックタイプの週間ダイアリーです。
 
 レイアウト見本>>
 
 
 
MONTHLY


A5M
A5 MONTHLY
A5マンスリー
 
●1ヶ月間のスケジュールが一目でわかる大判レイアウト
創業当初から続く、仕事計画ダイアリーの代表的な月間ダイアリー。デスクサイズの書き込みスペースの広さを活かした、見開き1ヶ月/6週表記のブロックレイアウトを採用、しっかりとスケジュール管理ができる使い勝手の良いレイアウトです。
 
レイアウト見本>>


B6M
B6 MONTHLY
B6マンスリー
 
●1ヶ月間のスケジュールが一目でわかるレイアウト
大判のA5の使い勝手をそのままスケールダウンした、ひとまわり小さいカジュアルな月間ダイアリー。より気軽に普段使いできるよう配慮したページ構成となっており、カバーデザインもよりカジュアル要素を含んだデザインが多めなのも特徴です。
 
レイアウト見本>>


A4M
A4 MONTHLY
A4マンスリー
 
●1ヶ月間のスケジュールがたっぷり書ける大判レイアウト
大判のA5レイアウトの使い勝手をそのままスケールアップし、より密度の濃いスケジュール管理が可能となりました。
また、見開きA3サイズで他の追従を許さない大きなスケール感は、視点を変えれば「より視認性の高い」ユニバーサル・デザインでもあり、より多くのユーザーが利用しやすいサイズ感を持ったダイアリーでもあります。
 
レイアウト見本>>


A5PM
A5 PREMIUM MONTHLY
A5プレミアム・マンスリー
 
●月ごとにメモ欄が付いた、プレミアムな月間ダイアリー
月間ダイアリーに、充実したメモページとインデックス機能が備わった、プレミアムな月間ダイアリー。通常のマンスリーと大きく異なる点は、各月のブロックカレンダーの間にインデックスと計6ページのメモページを用意し、1ページ1週間、計6週間分を1ヶ月と見立てた、フリーの週間ダイアリーとしても使える機能を兼ね揃えていることです。
まとまったブロックカレンダーの後ろにノートページがある通常のマンスリーとは違い、月ごとの管理に特化させたページ構成にすることで、「週間ページを必要とはしないけれども、マンスリーだけでは管理しきれない」多くのユーザーから支持を受けています。
 
レイアウト見本>>


B6PM
B6 PREMIUM MONTHLY
B6プレミアム・マンスリー
 
●月ごとにメモ欄が付いた、プレミアムな月間ダイアリー
大判のA5の使い勝手をそのままスケールダウンした、ひとまわり小さいプレミアムな月間レイアウト。基本的な機能面をそのまま引継ぎながら携帯性が向上したことで、多くの反響をいただき、リピーターの多いレイアウトとなっています。
 
レイアウト見本>>


A5GM
A5 GANTT CHART MONTHLY
A5ガントチャート・マンスリー
 
●複雑な工程管理や記録など、同時進行する予定もこれ一冊で
従来のガントチャートと大きく異なる点は、複雑な工程管理や同時進行するスケジュール管理をする以外にも、見開き1ヶ月を俯瞰した日々の記録のグラフ化や、毎日の達成項目を数値化したりできるような、使用範囲の広い、自由度が高いレイアウト設計にしたところです。
見開き4ヶ月のブロックマンスリー、市販のラインマーカーに合わせた行間や、このレイアウト専用の「日玉定規」を新たに開発するなど、随所に配慮の行き届いた設計を心がけており、実際に使用して解るポイントが多いのもこのレイアウトの特徴です。
一見専門的に感じるレイアウトですが、実際に使用されているユーザーは、メーカーの想像以上に自由に使われているケースも多く、従来のガントチャートの範囲を超えたレイアウト設計だからこそ、多くの支持をいただいているのだと感じます。
 
レイアウト見本>>


A4GM
A4 GANTT CHART MONTHLY
A4ガントチャート・マンスリー
 
●複雑な工程管理や記録など、同時進行する予定も、大判のこれ一冊で
多くのA5GMユーザーからリクエストの多かった、待望の大判A4サイズです。A5GMの使い勝手をそのままスケールアップすることで、より密度の濃い記入が可能となりました。使用範囲の広さを感じる一例として、LACONIC®GENERAL STOREにて実際の記入例を掲載していますので、併せてご覧ください。
 
レイアウト見本>>


A5FP
A5 FIELD PAD
A5フィールド・パッド

●場所を選ばずアクティブに活躍するバインダー式の月間ダイアリー
堅牢でメモが沢山書けるものを求めるアクティブなユーザーのために開発された、LACONIC®フィールド・パッド。クリップファイルとカレンダーが出会ったことで誕生した、今までありそうでなかった形状のダイアリーです。専用のカレンダーリフィルやレポートパッドを買い足すことで、何年も使用しているヘヴィーユーザーが多いのも、このダイアリーの特徴です。
「フィールド・パッド」という名前の由来は、「未踏の地を訪れ、その対象を直接観察する=フィールドワーク」という言葉とレポートパッドを組み合わせた造語で、従来のスケジュール帳の使用範囲に収まらない、もっと広範囲にアクティブに使って欲しいという思いから命名しました。
 
レイアウト見本>>


A6FP
A6 FIELD PAD
A6フィールド・パッド
 
●場所を選ばずアクティブに活躍するバインダー式の月間ダイアリー
A5フィールド・パッドのリリースから6年ほどして誕生した、手のひらサイズのA6フィールド・パッド。A5フィールド・パッドの普及に伴い、その利便性が一定の理解をされたことから、より携帯性を重視した1/2サイズで誕生しました。A5サイズでは行き届かなかった、ちょっとした時の対応が可能となり、それぞれの現場でそれぞれの持ち味を出した使われ方をしている、アクティブな月間ダイアリーです。
 
レイアウト見本>>


BBS
BANKBOOK STYLE MONTHLY
バンクブック・スタイル・マンスリー

●ストレス・フリーな、通帳型サイズの縦開き型月間ダイアリー
手にした時にスッと馴染むパーソナルなサイズ感と、左右でページをまたがずに1週間の記入が可能な、ストレス・フリーなレイアウトが特徴です。雑貨テイストなモノ感と、携帯性、スリム軽量化を担った「スマートなライフスタイル」への提案アイテムです。従来のダイアリーにはなかった独特の使い勝手の良さがあり、縦開きのメリットと手に馴染むサイズ感は、新たなリピーターを生んでいます。
 
レイアウト見本>>