A5BI

2022.4.22

新しい手帳生活
A5 BLOCK INDEXダイアリーについて

 
多様化するライフスタイルの変化に呼応するかのように、
様々なレイアウトフォーマットを提案してきた「仕事計画ダイアリー」。
この春、新たにトライする「A5 BLOCK INDEXダイアリー」とは
どのようなアイテムなのか、お聞きしました。

ーまず初めにお尋ねしたいのですが、今回このタイミングで「 A5 BLOCK INDEXダイアリー」をリリースしようと思われた理由、作られた切っ掛けなどがありましたら、お聞かせください。
 
LACONIC(以下L)
リモートワークの浸透は、私たちの生活そのものにも様々な変化をもたらしました。中でも活動領域の変化によるライフスタイルの変容は、生活パターンだけではなく、私たちの思考そのものにも大きな影響を及ぼしていると感じています。その中で、思考の変化に対応する新たなレイアウトフォーマットの必要性を強く感じたのがひとつと、このフォーマットならば、ダイアリーの使用範囲を「ライフスタイル全体」にまで拡げてくれる可能性を感じたからです。
 
ー人々の思考の変化を感じたことが、新レイアウトを生み出す切っ掛けに繋がったということですね。
 
L:はい。
 
ーでは、その「 A5 BLOCK INDEXダイアリー」の主な特長についてお聞かせください。
 
L:「日記やライフログ、タスク管理に特化」している点では、既存フォーマットの「B6 BLOCK INDEX ダイアリー」と同じですが、サイズがひとまわり大きなA5となることで、既存のB6フォーマットと同じメモスペースを確保しながら、さらに下1/3部分にグリッドメモのスペースが新たに設けられたことです。これにより、仕事とプライベートを分けたり、スケジュール管理とメモを分けて書き込めるなど、これ1冊で対応できる使用範囲が拡大したことが一番の特長です。
また、多くのビジネスユーザー層から支持いただく弊社の代表的なフォーマットに「VL/バーチカルレフト」がありますが、活動領域や思考の変化によるスケジュール管理の仕方が変わられた既存のVLユーザーさんが、このフォーマットへスムーズに移行できるよう、週間ページ以外の基本構成をA5バーチカルレフトと統一していることも大きなポイントです。
 
ー確かに、慣れ親しんだフォーマットからの移行は、ちょっとしたことでもストレスに感じますからね。
 
L:そういった意味では、全18種類ある「仕事計画ダイアリー」全体にリンクしている基本的な設計思想となっています。
 
A5BIレイアウト

 
ーでは、想定されているターゲット層はありますか?
 
L:時間軸のないレイアウトですので、日記やライフログ、タスク管理としての用途はもちろんですが、先ほどもお答えした通り、アポイントとメモを重視したビジネスユーザーの方が、活動領域や思考の変化によって、時間の使い方やスケジュール管理の仕方が変わってしまった人にこそ使ってほしいレイアウトです。
また、仕事とプライベートを1冊にまとめて、一日一日を丁寧に過ごしたいという方へもおすすめいたします。
 
ー豊富な種類のカバーがありますが、デザインする際に留意している点などがあればお聞かせください。
 
L:好みや用途に応じた色や素材、例えばポケット機能付きなどのバリエーションはありますが、基本的にはどんなシーンにも違和感なく溶け込む「引き算のデザイン」を目指しています。また、凛とした佇まいや美しさも大切ですが、時代に沿った素材選定も今後はさらに重要な課題や要素となりますので、積極的にトライしていけたらと思います。使う人のライフスタイルにそっと寄り添いながらも、ふとした時に所有する喜びを感じてもらえるデザインを目指して、日々試行錯誤を繰り返しています。
 
ー最後に一言あれば。
 
L:ダイアリーはスケジュール管理をするだけでなく、個人の大切な出来事や感情の揺れ動きを記す大切なパーソナル・メディアです。「仕事計画ダイアリー」を通じて、スマートで豊かなライフスタイルを送るお手伝いが出来たら幸いです。ぜひ、この新レイアウト「A5 BLOCK INDEXダイアリー」の使い心地を実感していただければ、と思います。
<了>
 
 
A5BI商品一覧

 
●A5 BLOCK INDEXダイアリーのご購入はこちらから  ▶仕事計画ダイアリー / A5BI